MENU

専業主婦はレイクでキャッシングできるのか

 

カードローンの一般的な契約条件のひとつが「安定した収入があること」です。本人に収入がない方は原則としてカードローンを利用することはできません。これは総量規制により、融資可能額が年収の3分の1に制限されるからです。専業主婦をはじめ、収入が無い方は融資可能額も0になってしまいます。この制限は法律によるものであり、カードローンの会社がどう努力しても越えられないハードルなのです。

 

一部の銀行カードローンはなぜ専業主婦でも利用できるのか

 

ところが一部の銀行カードローンでは専業主婦も利用可能なところがあります。それは銀行カードローンには総量規制がおよばないからです。総量規制は貸金業法のなかで定められている項目。一方で銀行カードローンは銀行法が適用され、貸金業法が適用されません。つまり、銀行カードローンは専業主婦でも利用可能なのです。

 

銀行カードローンであるレイクに総量規制は関係なし

 

消費者金融のイメージが強いレイクですが、現在のレイクは銀行が経営するカードローンです。適用される規定も銀行法となり、総量規制の影響を受けずに融資を行えます。ということはレイクが専業主婦にお金を貸すことに法律的な制限は存在しないということです。レイクが専業主婦にも融資をするという方針であれば、専業主婦でも問題なくレイクを利用できるのです。

 

専業主婦はレイクからお金を借りられない

 

それでは実際にレイクの方針はどうなっているのでしょうか。それはレイクの契約条件を確認すればすぐにわかります。レイクの契約条件には、「本人に安定した収入があること」と書いてあります。本人に収入がないといけないため、夫など配偶者の収入の審査では融資は受けられません。このことからレイクは専業主婦には融資を行っていないことがわかります。契約条件に書いてある項目は絶対であり、コールセンターに問い合わせて頼み込んでもどうなるものでもありません。専業主婦の方はレイクの利用をあきらめざるを得ないということになります。

 

終わりに

 

残念ながら専業主婦はレイクの利用資格を満たしません。しかし、レイクではパート、アルバイトによる収入での利用は可能としています。専業主婦のかたがパートタイムで働くようになれば本人に収入が発生するのでレイクの利用条件を満たすということです。専業主婦が利用できる銀行カードローンもそれほど数が多くないため、新たに仕事を見つけて収入を得るほうがカードローンの選択肢はぐっと広がります。