MENU

三井住友VISAカードのキャッシングで、本の費用を借りました

 

大型書店で文学全集を買おうとしたところ、クレジットカードの利用枠が一杯となっていましたので、三井住友VISAカードのキャッシングを利用して現金で購入することができました。

 

【1】私は本を読むのが好きです

 

私は本を読むのが好きで、大学生の頃は、小説や文芸評論ばかり読んでいました。大学を卒業して、サラリーマンになってからは、まとまった金額の給料を手にするようになりましたので、1年に1度くらいは数万円する文学全集を購入するようになりました。また、古本屋に行って、高額な希少本を買うこともありました。

 

しかし、30代になって管理職になってからは仕事が忙しくなり、なかなか本を読む機会を持てずにいましたが、今年に入ってから久しぶりに大型書店に行く機会ができたので、次の大型連休にまとめて何かおもしろい本を読みたいと思って、書店の棚を物色しました。すると、以前から関心のあった作家の全集が目に入りました。手にとってみて、直感的に「買いたい」と思いました。

 

【2】クレジットカードを使うことができませんでした

 

書店の店員に声をかけて、作家の全集9巻をすべてレジに持ってきてもらいました。総額8万円でしたので、クレジットカードで支払おうとしたのですが、エラーメッセージが出て、認証がはじかれてしまうようです。私は、1週間前に、仕事の接待で、自分のクレジットカードを使って接待費を立て替えたのを思いだしました。そこで、私はクレジットカードのキャッシングを利用して、現金で文学全集を買おうと思いました。

 

【3】三井住友VISAカードのキャッシングで8万円借りました

 

私が使用しているクレジットカードは、三井住友VISAカードでしたので、このカードのキャッシングで8万円を借りることにしました。三井住友VISAカードは、セブン銀行と提携していますので、セブン銀行のATMを利用して、お金を借りることができます。私は、大型書店の近所にあるセブンイレブンに行って、セブン銀行のATMからお金を借りることができました。そして、すぐに大型書店のレジに戻り、文学全集を買うことができました。

 

三井住友VISAカードは、三井住友銀行が発行しているクレジットカードということもあり安心感があります。また、キャッシングの最大利用金額が300万円ですので、大きな金額を緊急に必要となった場合でも、提携しているコンビニのATMから借り入れることができますから、とても利便性が高いと思います。